はとのひとりごと。

今気になる事の記録。

今年もよろしくお願いいたします

すっかり年も明けましておめでとうございます!
今年の目標は挙式後パーティを日本で行うこと…。
全くなにも考えていないけど…。

相も変わらず、更新の滞っているブログですが、
基本的には記録、という事でいきたいと思いますので
のんびり更新致します。

どうぞよろしくお願いいたします!

iHerbって何なの?ってこと。

※※どうやらシステム改変があったようです。※※※
そのため、こちらの情報が古くなっている模様です。
詳しくは下記記事をご覧ください。

hatonohitorigoto.hatenablog.com


いい加減これについて書かないと、ブログが滞って仕方ないので書いてみたいと思います。再考したんですが、長くなりますすみません…。
最近ちょこちょこ購入しているオンラインネットショップiHerbのこと。

iHerbというネットショップについて

アメリカの企業でオンラインでの販売のみを行うざっくり言うとamazonみたいな会社
公式サイトによると181カ国に顧客がいるそうです。

@コスメとかでもiherbで買いました!と書いている方がいるので、名前くらいは聞いた事有る、という方もいらっしゃるかと。
で、大抵の人が、安かったので、と書いているかと思います。

取り扱い商品

各国のスキンケア用品や、食品、洗剤など様々を扱っています。
主になるのは、アメリカのスキンケア用品やオーガニックフード、サプリメントなど。
ちなみに私がよく買うのはコスメ、サプリ、精油、洗剤等ですね。
日本で販売されているものの扱いもありますよ。

安く買える理由

一番の理由はずばり、海外製品だから
当たり前のことです。日本へ販売目的に輸入すると輸入関税もかかります。
それに日本の企業を通す事で中間マージンがかかります。
それ全てをすっ飛ばして買う事が出来る
つまり、アメリカから個人輸入出来ちゃう。

個人輸入と言うと、英語も分からないし、何だか難しそうと思われるかもしれませんが、
・ほとんどが日本語化されている。(商品によっては日本語化されていない事も)
・購入も日本円が選べる。(ドルでもOK!)
・運んでくるのは最初から最後まで佐川やヤマト
送料は、数千円以上購入で無料
日本人によるレビューが読める。

ってなったらAmazonとか楽天とかと変わらないと思いません??
そんなわけで日本でも着実に利用者数を増やしている(と思われる)iHerb。

よく見る”コード”を入れれば割引って何のこと?

私みたいにブログでもたくさんの方が書いていると思うのですが、
よく、〇〇〇〇〇のコードを入れれば10%オフになります!とか書いてる人がいらっしゃいます。
このコード、2つの種類が有ります。
プロモーションコード
iherb側から不定期で配られる割引クーポンみたいなもの。
誰でも使えて、お得な割引。使わないと損です。
紹介コード
iherbで購入した全ての人に配られるクーポン。
ただし、自分では使用出来ません。初めてiHerbを使用する人に使ってもらえて初めて紹介コードの持ち主にもバックが入ります。
例えばコードを使った人が5000円買ったとします。
その人はコードの御利益で10%オフの4500円になります。
さて今度はコードの持ち主ですが、
5000円の10%分が500円紹介クレジット、と呼ばれるものになり、次回購入時に使えたり、現金化する事が出来るのです。

という事で、みんな必死でブログ書いてます。
上記のシステムが嫌、という方は紹介コードは使わず、プロモーションコードだけ使うのが良いです。
ちなみに、紹介コードは知らない人のものを使ってもOKなので、
ブログを見て役に立ったわ!という方の物を使用してあげても良いと思います。

もっとあるよ安い理由

単に現地価格だから安いよ、という事の他に、ロイヤリティクレジット、というものが有ります。
例えばAさんが、お買い物します。

  1. 基本商品代金が6000円分とします。
  2. 商品の中にはキャンペーンをやっている商品が有ったりしたので、なんだかんだ引かれて5000円分になったとします。
  3. 佐川急便を使用すると、4000円以上送料無料なのでこの場合送料はかかっていません。
  4. プロモーションコードを使って10%オフで買い物すると、4500円となります。荷物が発送されると、ロイヤリティクレジットが発行されます。
  5. こちら購入金額の10%が発行されます。
  6. その金額が次回購入時に自動的に差し引かれます。

…お分かりいただけましたでしょうか、安い理由。
最初からその値段にしておいてよ!と思うのですが、iHerbとしてはリピートを増やしたいのでこういう事になっているんだと思います。

iHerbが売れる理由

何度か使ってみた主観的な理由を書き出してみますね。

  • リピーターが多そう。
    上記ロイヤリティクレジット、実60日間しか猶予が有りません。
    正直丁度良い塩梅だなと…。1か月だと早すぎるし、3か月だと忘れる。けど2か月だと個人的には使おうかなと思わされてしまうのですよね…。

  • 購入者がレビューをたくさん書いている。
    紹介コードを使ってほしい人が増える事によって、SNSやブログでレビューを書く人が多いわけです。それ見て気になって買うという購入者は増えているはず。
    そうすれば書いた人は新規購入者によってバックがあり、
    新規購入者はクーポン使用で安く買えて、
    iHerbは利用者が増えて、みんなWinWin。
    独自に広告を打たなくて良いって事は、多少商品金額を安くしても、広告費がかからないというのだと思います。
    本当みんなWinWin。すごい。

  • 送料無料にしたくてみんな4000円以上買ってる。
    佐川急便の場合は4000円以上、ヤマトは送料4ドルとなります。
    それ以下でも送料は4ドルくらいなのですが、やっぱり送料払うくらいなら何か商品買うわっていう思考になりやすいので、4000円以上買う人が多いみたいですね。1ドルくらいから商品有りますし。
    あと、日本で買うより安いからって色々買っちゃう人も多いみたい(私も含め!)

デメリットもあります

デメリットという程でもないとは思いますが…一応挙げてみました。

  • 発送に時間がかかる。
    遅いな、と言う時は7日、早いなと思う時は4日。
    明日使いたいの!という方はAmazonでどうぞ…。
  • 梱包が若干下手。
    日本企業じゃないので…そこはもう大目に見てあげてください。
    日本の誇りですよ、丁寧というのは。
    ちなみに漏れてたりしたら、カスタマーセンターにメールを日本語で入れれば対応してくれるようです。(経験なしです)
  • 購入出来ないものもある
    輸入の際に法律に引っかかるものが有ります。
    旅行でもそうですが、肉加工品はダメとか、バニラはワシントン条約に引っかかるからだめとか…。
    日本人によるレビューが書いていない場合は調べてみた方が良いと思います。
  • 1回の購入時の量制限がある。
    基本的には全体金額15,500円以上で輸入関税がかかります。
    あと重さや、複数購入でひっかかる事も。
    詳しくはiHerb公式サイトの配送についてをご覧ください。
  • 円高円安に左右される。
    今まさに円高でして、商品も値上がりしているので手を出しにくいかもしれませんが…。旅行と似たようなもんだし、と思って買ってます。笑
    早く円安になーれ!(イチ、消費者の願い)

そんなわけで、長々と書きましたが、とにかく言いたいのは、
iHerbは良いぞ、楽しいぞ!
でございます。
海外大好きな私としては心躍ってあれこれ試してみたくなっちゃうので、ウィッシュリストはあふれてますし、実際買うとなったら熟考に熟考を重ねるため、実際に購入ボタンを押すまでに時間がかかります。
でもそれも楽しいんですけどね。

というわけで、長々と書きましたがもし私の紹介コードから買ってもいいよという方がいらしたら、⇒ iHerb ここから公式サイトへ行って買うか、

購入時に、紹介コードKFN836を入れて買って下さると嬉しいです。
10%オフです~♪

ちょっと脱線、「年末年始に観るべき海外ドラマ」お題

記事を書いていたら、特別お題なんてのを見つけました。

年末年始に観るべき海外ドラマ

私このブログ内で書いた記憶が無いのですが、海外ドラマ大好きです。
地上波はほとんど見ておらず(ドラマ・バラエティ問わず)
有料チャンネルと言われるものばかり。

というわけで、年末年始に観るべき海外ドラマって何よ?と考えてみたんですがね。

特にこれと言って…ない…。

と、書くと語弊が有りますね。

年末年始だから、観て欲しいドラマは無いのです、出来る事なら日常的に観て欲しいドラマがたくさんあるのです!!

とはいえ、それだと私が見ているドラマ全てをおすすめしなくてはいけなくなるので、年末年始の暇な時、長く時間が取れる際に見るべきドラマ。

そして、海外ドラマ初心者の人が見るべきドラマ。

HAWAII FIVE-Oはいかがでしょうか。


「ハワイ ファイブオー」
タイトルからお分かりの通り、ハワイを舞台にしたドラマです。
いわゆる犯罪捜査ものですが、他のドラマと違うことは、
警察やFBI、CAIとは違い
ハワイ独自に設定された、なんでもアリの捜査が出来るFIVE-O(ファイブオー)という組織のお話であるということ。
警察なら許されないこともなんでもやっちゃう。だから映像も派手。爆弾、カースタントなんでもアリ。
推理や科学捜査、検視など、やらない事も無いけど、細かい事はいーんだよ、的なストーリー。

基本1話完結型ながら、オハナ(ハワイの言葉で家族)を大事にするメンバーたちの人間関係など、心理描写も多く、見続けても飽きが来ません。

それから日本人にみて欲しい理由のひとつ。
ドラマの最中には、なんとヤクザが出てきて、あれやこれやとひっくり返します。
アメリカのドラマというと、ギャングや、メキシコカルテル、ロシアマフィアなんていうのがよく出て来ますが、ハワイともなると日本のヤクザが出て来るんですね…。
日本人名が大変に面白い事になっていたりします。
日本ってこんな面白いイメージがもたれてるのね!?って。
可能であれば字幕で見る事をお勧めします。
日本人でない方が頑張って日本語を話しています。大変に面白い。(翻訳家とかいかないのかな!?)
これについては何度でも「面白い」って繰り返せます。


また、映像がとにかく綺麗。
実際にハワイでの撮影を行っており(地元の人が協力的で、白昼に道を塞いで撮影したりしているそう!)海や自然の映像が映り込みます。

ちなみに、もしかすると「聞いた事のある名前のドラマだな」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。こちらのドラマ、1968年から12年間もかけて放送されていたドラマのリメイクなのです。ストーリーが全く同じというわけではないので、以前見た方も大丈夫かと思います。

現在本国でシーズン6まで放送されているので、
今から追いかけても十分間に合うドラマです。
是非是非見て欲しい!

綺麗な景色に、スカッとする爆破、オハナ(家族)のヒューマンストーリーに、ドキドキの謎まで、色々揃ってます!



Netflixでは…見れないんだけどね…。


特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験

LANCOME ENERGIE DE VIE 【使ったもの備忘録】

Lancomのイナジェ ド ヴィの洗顔料です。
ランコムLancom Energie de vieイナジェ ウォッシュ
どのタイミングで手に入れたか分からなくなってしまったものなので、リニューアルされている可能性大です。
というか公式サイトに載ってないかもしれない…
が、まぁ一応残しておきます。さくっといきまーす。

イナジェ ド ヴィは、植物エキスが使われているものなのそうです。

香り
フローラルな感じではなく、樹木みたいな匂い。
嫌いな人は嫌いかも。

使用感
悪くはないですが、しっとりめ。
すべすべ、さっぱりを求める方にはおすすめしません。

結論
この値段で、これは買いません。
何か目立った効果があれば良いのですが、
これといって…特に…。

というわけでさっくりとした備忘録でした。笑

CHANDRIKA AYURVEDIC SOAP【使ったもの備忘録】

シンガポールに旅行に行った際、ムスタファセンターという所で購入しました。
CHANDRIKA AYURVEDIC SOAP
チャンドリカ アーユルヴェーダ石鹸 表
チャンドリカ アーユルヴェーダ石鹸 裏

ムスタファセンターはインド系の方々御用達スーパーのこと。
迷路、としか言いようのないくらいに入り組んだ建物。その中でどうにかこうにか石鹸売り場を探しまして手に入れました。
Made in Indiaで、何語かわかんない文字が箱の外周を囲んでいます。
石鹸側面 インドのチャンドリカ アーユルヴェーダ
多分インド語とアラビア語と中国語…?
(正直中国語以外は上下怪しい)

なので、とっても海外っぽいというかアジアっぽい。
シンガポールは旅行で行かれる方多い気がしますが、
マーライオングッズ以外、それらしいお土産って全然無かったんですよね。
ま、1週間くらいウロウロしていただけなので、
(あとオーチャードとかハイブランドな場所にはあまり立ち寄っていないので)
知らないだけかもしれませんが…。
とりま、ムスタファセンターで買う石鹸ってお土産とされる方が多いみたい。
アーユルベーダって、よくわかんないんだけど(言葉だけは知ってた)
お店に行かないで石鹸買えるならちょっと体験してみたい!という事で買ってみました。
自分へのお土産です。笑

成分はココナッツオイルや、生姜、レモン、
あと、ナチュラルエッセンシャルオイルで構成されたチャンドリカパフューム、だそうです。

チャンドリカは、サンスクリット語で「月光」という意味です。

http:// http://candrika.com/
という事らしいのです、だからだからロゴのCが月っぽいのかな??

香り
なんていうか、私は嫌いじゃない、けどずっとこれだけって言われると飽きるかな、という感じ。
(香りを文字で説明するのは難しいですね。ただし、お店で見れば使わずとも匂い漏れてます笑 だって、紙箱の中に紙で包まれた石鹸が入ってるだけだもの!)
少なくとも大好き!ではない香り。笑
旦那さんには、何これ!?って驚かれました。

使用感
牛乳石鹸の赤箱に近くて好きです。さっぱりでなく、しっとり気味。
ただし前述のとおり、匂いがなぁ…という感じなので、ふとまた気になったら買うかもしれません。

結論
気が向いたら買うかも。
いえいえ、そう簡単にはシンガポールになんていけません。
実はこの石鹸、お土産購入して仕舞いこんでいました。
急に使い始めたきっかけは、ネットで買える事に気付いたから。
日本の企業ではありませんが、iHerbという所で買えるのですよー!
そう…とうとう手を出してしまったiHerb。怖いから手を出していなかったのに。
そのうち記事にしますね。

ちなみに、シンガポールで買うなら、確か1シンガポールドルくらいだったと思うので、100円もしません。原産国のインドならもっと安いのだろうと思います。
それから、ムスタファセンターで買い物をする場合の注意点!
購入後はいわゆるスーパーの袋に入れられるのですが、
更にその袋を結束バンドみたいなもので閉じられます
シンガポール ムスタファセンター
上の方に縛った跡がついております。


持ちにくいというかダサイという格好で持って帰る事になるので、
エコバッグ忍ばせておくと良いかもしれません!
ここの後にオーチャード近辺(ハイブランド街)はうろうろしにくい…。
あ、でも建物の外でご利用ください。店内で使って怪しまれると面倒なので。笑


どうでもいいですが、以前の記事のカテゴリを【買ったもの備忘録】としていましたが、よく考えたらサンプル品で買ってないな、と気付いたので【買った・使ったもの備忘録】に変更しました。

KIEHL'S ULTRA FACIAL CLEANSER【買ったもの備忘録】

以前サンプルで頂いたキールズのウルトラフェイシャルクレンザー。

サンプルなのに使い応えが有ってなかなか無くなりませんでした。
そして写真撮ったままブログ書くのを忘れ去られていた子…。

KIEHL'S ULTRA FACIAL CLEANSER

 

香り
有りません。あえて言うなら、無香料の香り。

使用感
泡立ちは5段階評価なら4。
凄い良いわけでも無く、悪くも無い感じです。
泡切れは悪いです。いつまでも肌に残っているような感じ…。何度も流しちゃう。(それはそれで良い事なの…かな…?)

それから、材料の2番目に、ラウレス硫酸Naが入っています。
シャンプーの成分とかを気にされる方は、恐らく知っているであろう、あのラウレス硫酸ナトリウムです。笑
これが良い物なのか悪い物なのか、は私には判断が出来ませんが、
下記のサイトさんにて、

界面活性剤はどのようなものでも髪や皮膚に少なからず負担のかかるもの。それは界面活性剤には油分を破壊する性質があるからです。

 

という事なので、乾燥肌の方はやめておいた方が良いんじゃないかなぁ…と思ったりもします。
そもそも界面活性剤なんて、どうしても使いたくないわ!という方は避けた方が良いかもしれません。

結論
泡切れが悪くてすっきりしないという事。
アルコール類が入っていると体調によっては荒れてしまうのですが、こちらには色んなアルコールが入っている事。(なのでラウレス硫酸Naよりもこちらが怖い)
以上の2点からわざわざこの値段で買う必要はないなぁという事で、リピートはしません。


正規サイズは150mlだそうです。

 

AVOJUICE Cran&Berry juicie 【買ったもの備忘録】

AVOJUICE
Cran&Berry juicie

OPI AVOJUICE


これ正直いつ買ったか覚えてないので記事にするの躊躇ったんですが、
まぁ個人的な備忘録なので。。

※現在は商品自体がリニューアルしていて、
新商品は内容が変わっていると思います。※

 

OPIのものなので、爪にも良いのかなぁと。
一応日本語説明ではハンド&ボディクリームとなっています。

香り
本当に甘い香り。これ以上甘いのって何があるだろう的な。
でも塗っちゃうとほのかに甘いくらいで嫌いではないです笑

使用感
塗ったあともべたつき感がなくて、過ごしやすいです。
数分で紙にも触れます。 思いっきりジメチコンが入ってるおかげなのかな。 成分一覧の3つ目に記載されています。 あと赤227とかの着色料とかも入ってるので嫌な人は嫌かも。

結論
わりと好きな部類ですが、他にも良いハンドクリームはあると思うので使い終わったあとのリピート購入はしません。

 

現在の商品パッケージはこちらです。