読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はとのひとりごと。

今気になる事の記録。

海外でリーガルウェディングがしたい

海外挙式のこと

私が一番こだわっていたのは、式をするなら海外が良い!ということ。

実は仕事でたくさんの結婚式場に関わることが度々あり、
お金の動きとか、裏の経営状況とか、スタッフの事とか…
そういった事を見てしまっていた関係上どうにも嫌なイメージが付いてしまっていたんです。
そんなわけで、日本は最初から候補外。
必然的に海外挙式だけを探しました。

とはいえわたし、神様信じておりません。
ストーリーとして各宗教の成り立ちや教えを読むのは面白いのですが、崇めようと思ったことは有りません。
なので、リーガルウェディングにしよう、と考えていました。

リーガルウェディングとは、その国の法律によって認められる、というものです。
市庁舎に出向いて書類を出す、というもの。
市役所に出向いて婚姻届を出す、のと何が違うのか?と思われるかもしれませんが、
国にもよりますが、『法律で決まった夫婦のこと』についてきちんと守れますか?と
教会での牧師さんが言うようなセリフから「神様に誓えますか?」を抜き取ったようなそんな文言で、簡易的な式をやってくれるんです。
日本はそれを省いてしまっているので、書類だけ出してはい終了なのです。

それならザ・ウェディングドレスを用意しなくても良い。安く済むだろう。って考えていました。
(あと、戸籍に◯◯国の方式により、って記載が入るので記念に残るとか、挙式した日=入籍日になるとか、そういった理由も有ります。)

しかしそこで浮上したのは、家族と金額でした。
1.居住していない人間がその国で式を挙げようとすると、その分お金が取られてしまうということ。
部外者が行政サービスを利用とするわけですから当たり前といえば当たり前なのですが…。
旅行好きであちこち行ったんですが一番惹かれるのはヨーロッパ。 元々そちらの言語を勉強していたり、歴史が好きだったりしたのでこれも必然でした。
でもヨーロッパは笑っちゃう値段を提示されました。
それなら、旅費を安くして行ったらどうか?という検討もしました。
けれど、数ヶ月先の旅行、安くしようが無いんですよね
ギリギリならまだ安いものが出回りますが、それで万が一現地に行けなくなったら意味が無いですし。

2.参列した家族ががっかりしないか?
旅行好きな私の家族、更に長女な私が結婚するのに参列しないなんて考えられない!という考えの両親が、簡易的な式だなんて言ったらがっかりしないだろうか。

とまぁそんな理由から、結局リーガルウェディングは諦める事になりました。

正直、いまこれを書きながら、捨てたと思ってたリーガルウェディングをやりたかった、という気持ちがまだ残ってたことに気付きましたので、さくっと進めますね。笑